男性と女性の性欲になぜ差がある?理由と根拠を解説します!

2021-01-17

結論、選ぶ側と選ばれる側だからです

うさぎさん
うさぎさん
あ~最近してないなぁ
むすこ
むすこ
さみしがり屋だもんね

どうも、最近してないしめじです。

こちらは準備万端なのですが、妻がどうも・・・ねぇ。
そもそもこの違いは何!?ということで性欲の差に関して記事にしました。

では、その中身を見ていきましょか!

より良い子孫繁栄のため

  • 男性:より多くの子孫を残す
  • 女性:優良な遺伝子を選定する

この違いです。
では、なぜ女性はより良い遺伝子を選ぶ必要があるのか?
それは妊娠自体に母体へのリスクがあるからです。

慎重にならざるを得ないよね・・・

その代わり、自分がしっかり吟味して選んだ相手には性欲が湧きやすい。
良い遺伝子をたくさん残したいという本能ですね。

逆に男性はというと、自身にリスクがないので遺伝子をばらまく方が効率が良いのです。
ただ、選ばれるためには優秀であることの証明が必要。

  • 昔:狩りが上手な人(生活に困らない)
  • 今:稼げる人・頼れる人

という背景があります。

うさぎさん
うさぎさん
じゃあ、だれでもいいからっていう中毒っぽい女性はどういうこと?

これについてもお話していきます。

女性の性欲に個々のバラつきがある理由とは?

  • 男性ホルモンが多い
  • 過去の快感が癖になっている
  • 脳の発達による性への関心
  • 未経験による好奇心
  • 個々の気質

本能以外の何かです。笑

“趣味”は生存を直接的な目的ではないのと一緒で、
性欲は環境や気質に左右されるところも多い。

【高学歴】大脳辺縁系の発達

大脳辺縁系=記憶・感情をつかさどる部分

この部分が発達している高学歴の女性は、性欲が強い傾向にあります。
オタク気質の女性も知的好奇心という面で当てはまりますね。

【環境要因】ストレス過多

  • さみしがり屋
  • 仕事のストレスが多い

愛情を感じたくて人肌を求めたり、
仕事へのストレスで捌け口にしたり。

そこに優しくされてしまうと、どうしてもすがりたくなってしまいます。

相手との関係がどうであれ、思いやりをもって接してあげてくださいね。

【ホルモン要因】男性ホルモンが多い

  • 毛深い(眉毛が太い)
  • 人差し指より薬指の方が長い
  • 仕事ができる
  • 男勝り
  • サバサバしている

男性ホルモンが強い人は性欲が強く、上記のような特徴があります。
“誰かについていく”というよりかは、“意欲的に引っ張っていく”タイプの女性。

男性が男性ホルモンの分泌を促すと、同様の効果が期待できます

【その他】露出が多い、食欲旺盛

  • 露出:無意識のアピール
  • 食欲:食欲と性欲を感じる脳の作り

経験豊富な女性ほど、露出の多い服装を好むという統計も出ています。

食欲との関係については、
脳の視床下部にある“性欲中枢”と“食欲中枢”は非常に近いため、お互いに影響を与えやすいのです。

女性は食事で性欲と同じ快感を得るともいわれています。

まとめ:さて、あなたのパートナーは当てはまりましたか?

基本的に本能によって性差があるが、女性は個々の環境や気質により性欲に差があります。

女性それぞれの差は大きく分けて

  • 【高学歴】大脳辺縁系の発達
  • 【環境要因】ストレス過多
  • 【ホルモン要因】男性ホルモンが多い
  • 【その他】露出が多い、食欲旺盛

この4つ。

ただ、性欲が強いということを悩んでいる女性もいます。

むすこ
むすこ
僕は大歓迎だけどねー!!

と男は思っていても、性の悩みは男女ともに相談はし辛いことです。
デリケートな部分なので、思いやりのある接し方を心がけましょう!